人でなしでも役に立てると証明したい

人でなしのうさぎが、自分に出来ることをやるブログ

回復してきた

少し休んだお陰でだいぶ良くなりました。

まだまだ油断は出来ないけれど、やっぱり無理せず休息をとる判断は正しかった。

梅雨寒を舐めたらいかんね。お気をつけください。

f:id:rabbit-lilac:20200709232724p:plain

ポーの詩の中でも大鴉はけっこう有名な作品なんだそうで。全然知らんかった。

詩は小説より短くて良いね。

アッシャー家はゆっくり読むことにします。

ウィリアム・ウィルソン2

色々悩むことも有りましたが、無事に完成しました。

ウィリアム・ウィルソンは話自体も面白いですが、考察も結構面白かったです。

個人的に、第二の自己については良心説が良いなーと思ってます。 

 

それをなんと言うのだ? 

わが道に立つかの妖怪、恐ろしき良心とは?

 

チェインバリン(イギリスの詩人・劇作家)

f:id:rabbit-lilac:20200707201400p:plain

f:id:rabbit-lilac:20200707202440p:plain

f:id:rabbit-lilac:20200707204420p:plain
 次は何描こうか悩んでます。アッシャー家の崩壊にしようかなとも思ったのですが。

あれ確か結構長いんだよなー…。

読んだ方が細かい箇所もイメージ湧くからなるべく読みたいけどなー…。
ちょっと考えます。
               

あと佐々木直次郎訳だとウィリアム・ウィル“ス”ンなのね。古風でいいね。

ウィリアム・ウィルソン

ポーの作品の中でもかなり好き。

あんまり有名じゃないらしいけど、読後も謎というか余韻が残って好き。

f:id:rabbit-lilac:20200706225747p:plain

明日には完成させられると思うのですが…。

もしかしたら描き直すかもしれない。分からん。

赤死病の仮面3

完成しました。

ええ我ながら怖。自分で描いたんじゃないみたいだ…。

 

赤死病の仮面は結構面白いし私が読めるくらい短い作品なのでおすすめです。

ポーの小説面白い。と言っても本当に短編しか読まないんだけどね。

f:id:rabbit-lilac:20200705202550p:plain

次は予定通りウィリアム・ウィルソン描きます。

赤死病の仮面2

思っていた以上に進捗が悪くなってしまい、まだまだ色塗り途中です。

今日中に終わると思っていたけど見通しが甘かった(よくある)

でももう少しで描き終わると思います。

f:id:rabbit-lilac:20200704232528p:plain

まだ描き終わっていないうちに言うのもナンですが。

多分次回はウィリアム・ウィルソンです。

赤死病の仮面

第二回も引き続きポーの小説から、赤死病の仮面のイメージイラストです。

線画までしか描けなかったのですがデザインはうまくいった…かな。

相変わらず字読むの嫌いなのでYouTubeで朗読してもらってます。

f:id:rabbit-lilac:20200703233412p:plain

ゴシック・ホラーの雰囲気は結構好き。

暗くて古典的なガッツリホラーなんだけど、ほんのり美しさも感じる。

あでも日本の今昔物語とか雨月物語とか怪談落語みたいな、おどろおどろしさも好き。